みちのく庭園

Works

『石堂の庭から』

DATA
Style
#JAPANESE
『石堂の庭から』

目隠しフェンスを使用する場合にありがちな、全体的な閉塞感と暗いイメージを改善するために、様々な工夫をしたお庭になります。
角度をつけたゲートフレームは庭に立体感を持たせ、狭い庭を広く感じさせます。
構造物より高い位置に、樹木の枝葉が見えるように配置することにより、目線が上に飛び、より広く見える効果が得られます。
小さい庭ながら、木々の四季折々の姿が楽しめる庭を作庭させて頂きました。